グラフィックデザイン科 ブログ(グラフィックデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 グラフィックデザイナー・イラストレーターをめざす人の情報ブログ グラフィックデザイン科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

グラフィックデザイン科blog

2006年09月21日 講評会

3aed7130.jpg続きまして、昨日の午後。いよいよ講評会でした。
満足いくものができた人、まだまだの人、悲喜交々です。通常の授業がある中での制作。まずはご苦労さん。いよいよ明日、たくさんのお客様にご覧になっていただいて評価してもらいましょう。グラフィック、イラスト。ここで紹介した以外にもたくさんの作品を展示いたします。皆さん是非足をお運びください。

Gi2006詳細はクリエイターズカレッジホームページTOPでご案内しています。
(蒲田校:鶴田)

n-94334894 at 20:26 | この記事のURL | |

2006年09月21日 みんな必死です。

2e513fa9.jpg昨日午前中の光景です。

Gi展のための作品制作もいよいよゴールが見えてきました。グラフィックデザインコースの2年生は午後からは講評会なので、どの実習室もてんやわんやです。

写真の場所は教室ではなく普段は学生たちがくつろぐラウンジというところなのですが、ここ数日は、目を血走らせた学生たちの工房となってしまいました。

みんなガンバレ!(蒲田校:鶴田)

n-94334894 at 19:7 | この記事のURL | |

2006年09月21日 9月24日の体験実習は!

e414db03.jpg9月24日(日)はオープンキャンパス+体験入学が行われます。蒲田校グラフィックデザイン科では2種類の実習内容をご用意しております。

イラスト実習の担当講師はイラストレーターとして活動するローガン・ハザード先生です。イラストを立体的に見せるノウハウを学び、実際に描きます。
デザイン実習は山本佳子先生が担当。Macintoshを使ってパターン(模様)を作るグラフィックデザインの基礎授業を体験していただきます。

両授業とも午前は10〜12時、午後は1〜3時にかけて行います。1日参加すれば両方の授業が受けられますし、午前または午後だけの参加でもかまいません。



また、この日の体験実習に参加された方には完成したばかりの作品集を差し上げます。デザイン、イラストを学びたいという方のお越しをお待ちしております。

(蒲田校・山口)

n-94334894 at 12:38 | この記事のURL | |

2006年09月20日 作品集完成!

290b7c98.jpg蒲田校グラフィックデザイン科で制作していた作品集が完成し、印刷屋さんから届きました。
収録している作品は、今年3月に卒業した学生の作品と、現在2年に在籍する学生の作品です。
この作品集のデザインは、卒業生の豊島雄太さん(株式会社恒和印刷所)にご担当いただきました。
また、作品集の顔となる表紙(写真)には、本科顧問の黒田征太郎先生がイラストを描き下ろしてくださいました。
作品集は明後日からはじまる展覧会『Gi2006』の受付にも置く予定です。本科に興味を持っている方には、もちろん無料でお配りしますので、受付でお声かけください。目印は黒田先生のイラストレーションです。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 20:57 | この記事のURL | |

2006年09月19日 お弁当屋さんのノベルティグッズをデザイン!

e8205814.jpg先週15日(金)、筆者は蒲田校グラフィックデザイン科2年生の一星さん(写真)と浅草橋の花火屋、若松屋に行ってきました。若松屋さんは家庭用の手持ち花火から、三尺玉という直系50cmを超える巨大な打ち上げ花火まで生産・販売する老舗の花火屋です。
なぜ花火屋かですって。それでは少しご説明しましょう。
蒲田校グラフィックデザインでは地元商店街、自治体、企業などと連携したコラボレーション授業を数多く行っています。
今年行ったコラボレーションには、地元蒲田でお弁当屋を営む玉子屋さんのノベルティグッズをデザインし、ふだん玉子屋さんのお弁当を食べている方に差し上げようという企画がありました。驚くことに玉子屋さんが提供する1日のお弁当数は都内を中心に6〜7万食! ですから、学生がデザインしたノベルティグッズが7万人の方の手に渡るかもしれないというとても素敵な企画なのです。
そこで、春先にプレゼンテーション、夏休み前に結果発表して、採用されたのが2案。その1案が一星さんが提案した「玉子屋らしいデザインの花火を提供する」というものでした。玉子屋のお弁当をお昼にいただく方々に、家に持ち帰って家族と一緒に楽しむグッズを提供することで、玉子屋の企業イメージとサービスを向上させようという意図の提案でした。
この日、若松屋の方々にいろいろお聞きしたことを反映させて再度デザインを検討し、10月中旬には玉子屋の社長さんにプレゼンテーションをします。
来年の夏には、一星さんのデザインした花火が多くの人の手に渡ることになるといいなあ。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 21:28 | この記事のURL | |