グラフィックデザイン科 ブログ(グラフィックデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 グラフィックデザイナー・イラストレーターをめざす人の情報ブログ グラフィックデザイン科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

グラフィックデザイン科blog

2007年06月04日 デザインフェスタ出展記録〜その4〜

宮元宮本真里さんの作品は、
鮮やかな色、
力強く迷いのない線、
ハートに表情が備わったかのような、
憎めないキャラクターが、
画面からあふれる、
世界を描いています。
はじめはパネル作品を展示しましたが、
それだけでは自分の世界を、
伝えきれないと感じたのか、
その場で描き続けました。
この欲求をずっと維持して欲しいなあ。
頼むよ、マリちゃん。


菅管 真弓さんの作品です。
菅さんは、
表現力はあるものの、
遠慮がちな性格のためか、
自分の作品をなかなかアピールできず、
殻の中に閉じこもりがちでしたが、
このデザインフェスタに出品するために、
描いては私に意見を求め、
何度も何度も描きなおし、
ようやく自分の世界に到達し、
作品として発表することができました。
よくやった、しかしこれからだ!
スガちゃん。


飛騨飛弾みなみさんは、
点描画を得意としています。
点描画は文字通り点で描く絵ですから、
時間がかかります。
しかし彼女は他のクラスメートより数多く、
学校課題以外の自作を描いています。
普段は控えめですが、
イラストレーターになりたい、
いや、なる! という気持ちを、
いつも画面の中から、
感じ取ることができます。
あまりに細かすぎて、
ネットでは伝えきれないのが、
残念でなりません。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 10:18 | この記事のURL | |

2007年06月02日 デザインフェスタ出展記録〜その3〜

宮川宮川純一くんは在校生の中でもっともデッサン力を持っている学生です。鉛筆、ボールペン、筆ペン、マーカーなどの画材を駆使し、タッチの異なる数種の作品群を展示しました。今後の課題は、タッチの異なる絵でも宮川画であることをどれだけ印象付けることができるのか、といったところでしょうか。がんばれ純ちゃん!

矢部矢部 怜くんは「将来はイラストレーターになりたい」という気持ちを強くもつ学生のひとりです。これまでは超極細の水性ペンを用いて、細かな線が特徴のモノトーン・イラストにこだわってきました。しかし最近になって様々な手法・画材を取り入れています。今後はより一層のスピード化、量産が課題です。ヤベ、なにしろたくさん描こう!

前田作品前田圭一くんはコピックを用いて、写真で紹介する人物キャラクターと、もうちょっと肩の力の抜けた「おにゃかた」という猫のキャラクター画を制作しています。本人は人物画に思い入れがあるのですが、周囲は「おにゃかた」を評価する声が多いようです。マエダ、「おにゃかた」を用いた絵本がはやく見たいなあ、いつできるのかなあ?

三人は将来イラストレーターになりたいと本気で考えています。私がイラストレーターの道は険しいとさんざん話してもその気持ちに変わりありません。だからこそ、私たち教員は厳しい課題やプレッシャーを与えるようにしています。本気の学生には本気で接する、そんな当たり前のことを行うのが蒲田校グラフィックデザイン科です。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 14:0 | この記事のURL | |

2007年05月31日 デザインフェスタ出展記録〜その2〜

濱作品濱 路子さんは、童話の世界から抜け出してきたようなあたたかみのあるキャラクターを登場させるイラストレーションを手がけています。様々な画材を描画に用いたポストカードサイズ作品を展示しました。


佐久間作品佐久間由紀さんはクラスメートと一緒に26日一日かけてライブで作品を描きました。人間? 動物? オバケ? 不可思議な、しかしなんとも憎めない可愛らしいキャラクターをマジックで壁一面に表現しました。


岩間作品岩間千尋さんは繊細なタッチの線画を得意とします。女の子と動物が触れ合うシーンに風がたゆたい、水がさざめく… 詩的で少しシュールな世界観を描いたポストカードサイズの作品を展示しました。

この三人の作品を展示した壁面・ブースはグラフィックデザイン科出展ブースの中で、もっとも写真を撮られていたように思います。
三人とも、たいへんよくできました◎
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 12:48 | この記事のURL | |

2007年05月30日 デザインフェスタ出展記録〜その1〜

デザインフェスタ2デザインフェスタ会場ロング15月25・26日、東京ビッグサイトで行われたDesign Festa vol.25にグラフィックデザイン科は出展しました。
6千人(組)の出展者と6万人の入場者が集まるとデザイン・アートのお祭りに参加したのは今回がはじめて。
私たちはエアクリッパーデザインカンパニー様とのコラボレーションTシャツ、HANEDA S&D FACTORY様と共同制作したガラス作品、そしてこのイベントで自分自身の作品を発表したいという思いを強く持った学生十数名の作品を発表しました。
見ず知らずの人から声をかけられたり… 作品を写真に撮られたり… お客さんの反応がダイレクトに伝わるデザインフェスタという場に学生たちは大いに刺激を受けた様子でした。
というわけで、これからしばらくの間、デザインフェスタのレポートをお送りします。お付き合いください。(蒲田校・山口)

n-94334894 at 14:30 | この記事のURL | |

2007年05月24日 コラボTシャツ完成!

エアクリッパーTシャツ1蒲田校グラフィックデザイン科とエアクリッパーデザインカンパニー様とのコラボレーションTシャツシリーズ「ONLY-ONE ORIGINAL」が完成しました。
これは毎年行っている産学連携授業で、学生はテーマに合ったデザイン案を提案し、エアクリッパー様に選ばれたデザイン案が商品化されます。
今年のはじめにプレゼンテーションし、今回商品化されたのは約20名40種超の「ONLY-ONE ORIGINAL」Tシャツが完成しました。
このTシャツを、今週末の5月26日(土)・27日(日)、東京ビッグサイトで行われる<Design Festa Vol.25>にて展示いたします。展示場所は東京ビッグサイト西1ホールのC-0007ブースです。
このTシャツをエアクリッパーデザインカンパニー様が隣接するC-0008ブースで販売するとのこと。
ちなみにC-0001〜0006ブースも蒲田校グラフィックデザイン科の学生が作品を展示・発表します。
みなさまぜひ遊びにいらしてください。(蒲田校・山口)

エアクリッパーTシャツ2エアクリッパーTシャツ3

n-94334894 at 12:49 | この記事のURL | |