グラフィックデザイン科 ブログ(グラフィックデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 グラフィックデザイナー・イラストレーターをめざす人の情報ブログ グラフィックデザイン科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

グラフィックデザイン科blog

2006年11月25日 プレカレッジ

466418e1.jpgクリエイターズカレッジ第一回プレカレッジを開催しました。

「鉛筆デッサン基礎」講座に、たくさんの高校生の方たちが参加しました。
グラフィックデザイン科中田先生が授業を担当。2時間では完成までには至りませんでしたが、進学前に授業に参加しようというだけあって皆さん熱心に受講していまた。

今日の授業が少しでも君たちの未来に役立つことを願っています。またおいで。
(蒲田校:鶴田)

n-94334894 at 19:12 | この記事のURL | |

2006年11月24日 造形演習

イラストレーションコース1年生「造形演習」の作品です。
色と紙ので制作したレリーフです。よく見てください。
飛び出している部分は、ベースの紙から切り出して
います。写真左が椅子。右は鳥の形になっているのが
わかるでしょうか。
他にもたくさんある傑作をお見せできなくて残念です。

レリーフ01レリーフ02

 

 

木版画家であり、絵本の挿絵、イラストレーターとしても活躍している
森村先生の授業です。先生の授業で出来上がる作品は
楽しくてどこかあたたかみがあります。

もうひとつ紹介しておきましょう。

レリーフ03
こちらの課題は、二つ折りの紙をあけると、
立体が起き上がってくるカード仕立ての作品です。
もちろん学生の作品です。

こうした課題は何度も試行錯誤と、
細かな調整を繰り返しながらでないと思ったとおりの作品になりません。
根気が必要ですが、達成感もこれまたひとしおです。(蒲田校:鶴田)

n-94334894 at 19:53 | この記事のURL | |

2006年11月15日 文字のデザイン

1年生のデザイン実習の様子です。皆一心不乱に作品に取り組んでいます。

レタリング01
まずは、アイディアスケッチから。
アイディアをできるだけたくさん出します。
苦しいけれども楽しくもある作業です。

レタリング02








その中から一番いいアイディアを実際に作品に仕上げていきます。
自分の[手]と[頭]を鍛えることがデザイナーになるために必要なのです。
(蒲田校:鶴田)

n-94334894 at 12:56 | この記事のURL | |

2006年11月13日 学園祭で『最後の晩餐』

2c9062b8.jpg今月3〜5日にかけて蒲田校の学園祭「かまた祭」が開催されました。
私たちグラフィックデザイン科は、「救済」をテーマにレオナルド・ダ・ヴィンチの傑作『最後の晩餐』を、たて2.3m×横6mの板に模写し、その前で学生が制作した『最後の晩餐』グッズを配付したり、学科の伝統的な学園祭時の表現行為であるパフォーマンスを行いました。

パフォーマンスは3日間で合計4回行い、それぞれ「喜・怒・哀・楽」をテーマに、いつもはデザイン、イラストを学ぶ13人の学生たちが今回ばかりはパフォーマーとして演じ、表現しました。
ちなみに写真は『最後の晩餐』の模写を前に、その気になってポーズを決める学生(聖者)です。

学生たちは大真面目にパフォーマンスを演じたつもりですが、公演ごとに集まった多くのお客さまのほとんどがたいへん愉快な思いをされて帰られたようです。
他にも似顔絵を描いてお客さまに差し上げました。
2年生はホットドッグ、チョコバナナの売店を出店しました。どちらも連日完売、大盛況でした。

ひさしぶりに愉しいひとときを学生も私たち教員も過ごすことができました。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 13:51 | この記事のURL | |

2006年10月30日 おかげさまで大盛況でした。

ec803b57.JPG写真は28日土曜日蒲田西口商店街「サンライズ」に整列したジャックオーランタンです。
蒲田校グラフィックデザイン科がプロデュースした蒲田西口商店街との共同ハロウィンイベント『おばけかぼちゃの夜』が先週28日土曜日に行われ、大勢のお客さまで賑わいました。

本日はお世話になった方々にお礼を申し上げたいと思います。商店街に足を運んで子どもたちのジャックオーランタンに投票してくださったみなさん、ありがとうございました。

ジャックオーランタン制作に参加した相生小学校、おなづか小学校の児童・教職員のみなさん、本当にありがとうございました。


蒲田西口商店街のみなさん、石原工芸のみなさん、大田区役所キクチさん、ご協力ありがとうございました。
HANEDA S&D FACTORYのみなさん、無茶なお願いを聞いてくださりありがとうございました。
AirCLIPPER DESIGN HOUSEのみなさん、これからTシャツ制作でお世話になります。
イベントを見にきて、そして最後はスタッフと化した卒業生のみんな、本当にありがとう。助かった。うれしかった。

そして、このイベントを支えたグラフィックデザイン科の学生のみんな、どうもお疲れ様。みんなが蒲田という街に献身的に奉仕する姿を見て何度も胸が熱くなった。みんなを「誇り」に思う。
(蒲田校・山口)

n-94334894 at 14:48 | この記事のURL | |